ダイアン35 個人輸入

ピルによる月経に伴うトラブルの改善効果について

「ピル」は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを配合した避妊薬です。
含まれるホルモン量によって「低用量」「中用量」「高用量」の3タイプがありますが、現在、一般に広く使われているのは、少ないホルモン量で効果的に作用する「低用量ピル」です。

 

低用量ピルには、避妊だけでなく、体内の女性ホルモンのバラン スを整えてひどい月経痛や、月経の前の憂うつな気分(PMS・月経前症候群)といった月経トラブルを改善する効果もあります。
日本では、「子宮内膜症に伴う月経困難症」の治療薬として低用量ピルの一部が承認されています。

 

また、月経を規則正しく来るようにコントロールしたり、逆に月経の時期をある程度柔軟に動かせるというメリットのために服用を薦めることもあります。

 

ピルによるホルモンバランスの変化による効果について

生理前になると黄体ホルモンの量が上昇し、皮脂分泌を活発化させるのでニキビなどができやすくなります。
ピルは、こうした黄体ホルモンの働きを抑えるため、肌トラブルを改善できます。

 

さらにピルに含まれる黄体ホルモンが子宮内膜を保護し、子宮体がんにかかるリスクが低下します。
また、子宮頸管粘液が変化して、精子だけでなく細菌やウイルスの子宮への進入を防ぎ、卵管炎や骨盤内感染症など不妊の原因になる病気にかかりにくくなり、不妊の予防につながります。

 

ピル服用中、生理は規則正しく起こるようになります。
これは卵巣自体の働きがお休みしている間ピルを服用することでホルモンバランスをコントロールしているためです。
そのため生理不順の方でもピルを服用することにより 今度いつ生理が来るのかがわかるようになり、旅行などの予定をたてやすくなります。
また予定にあわせて生理を遅らせるなどコントロールすることが簡単に出来ます。
また生理と生理のあいだの排卵痛や中間期の出血も排卵が起きないのでなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

PMSにも効果的なピル

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、 PMS; Premenstrual Syndrome)または月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とも呼ばれ、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)のことです。
排卵後から月経が始まるまでの間(基礎体温が高い時期)に、胸のはり・腰痛・肩こり・むくみ・便秘・下痢・頭痛・吹き出物・眠気・疲労感など身体の変化や、イライラ・憂鬱・過食・無気力・集中力低下などの不快症状がでます。

 

PMSがどうして起こるのか、その原因はまだはっきりしていませんが、考えられる要素として以下の3つがあるといわれています。

 

●排卵生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)によって、脳内物質(GABA) や水分代謝に影響し、体調が不安定になる。

 

●排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減ることにより、セロトニン (喜びを感じる脳内物質)が急激に低下し、ネガティブな気持ちを引き起こす。

 

●PMSの人は、ビタミン・ミネラルの微量栄養素の欠乏状態にあるといわれている。

 

ストレスや緊張、疲労が蓄積されると、症状が強くあらわれやすくなります。環境の変化が起き た時や、常に緊張している状態の時は症状が重くなります。

 

プレ更年期にも効果的なピル

プレ更年期」という言葉は、医術用語ではありません。

 

更年期とは閉経をはさんだ前後10年間を言いますが、この時期に多くの女性になんらかのかたちで起こる不調は「更年期症状」と呼ばれます。
この更年期の前に当たる30代後半?40代前半が「プレ更年期」。
「プレ更年期」は最近になって使われるようになった言葉です。

 

プレ更年期の原因は、更年期に見られる急激な卵巣機能の老化ではありません。
更年期より前に訪れる緩やかな卵巣機能の低下と、仕事や育児で溜まったストレスが引き起こす、自律神経失調のような症状です。

 

自律神経にはカラダの各器官の働きを正常にコントロールする役目があり、うまく働かないとホルモンの分泌が乱れ、体調が不安定になったり、更年期のような不快症状があらわれます。
プレ更年期の症状を予防するためにも、ストレスや過労には注意が必要です。

 

異常なおりもの人にもたらす低用量ピルの効果

おりものというのは、膣や汗腺から排出される老廃物などが原因で出てくるものですが、主に透明に近いか白っぽい色をしています。
排卵期はおりもの量が増加しますが、その中でも特に子宮頚管部のおりものは、精子がスムーズに子宮内に到達するための役割があります。

 

糸を引く様な粘性を増し、ゼリー状の塊となって出てくる事もあります。
おりものは決して悪いものではなく、老廃物の排出という役割のほかにも膣や内部を潤し、悪性の細菌から守る働き自浄作用もしています。
ですから、洗いすぎにも注意です。
膣壁を守っているおりもの(デーデルライン桿菌)までも一緒に洗い流してしまうことになるからです。

 

しかし、悪いものではないとわかっていても、特に粘性のあるものでにおいや量が多いといった事になると負担を感じている方も多いでしょう。
正常な場合のにおいは微かに甘酸っぱさがあります。
このにおいの元はデーデルライン桿菌という善玉の乳酸菌です。正常な方でも、排卵時のおりものは、ツーっと糸を引くような粘性があり、量も多いのです。

 

低用量ピルには異常なおりものを抑制する働きがあります。
というのもピルには排卵自体を抑制する効果がありますので、排卵期特有のいやなおりのを出にくくするといった副効果が期待できます。
必要最小限のおりものですみますので、女性にとってはうれしい効果ですね。

大腸がんのリスクの低下について

小柄なアジア人向けに作られたダイアン35をはじめとする低容量ピルですが、日本ではまだまだデメリットが先行していたり、誤解が多いことから海外のような広がりが見られません。
誤解の中でも多いものが「がん」へのリスクです。

 

ホルモン剤であることから、がんの発症率が高くなるのではないか、と心配される声が聞かれます。
確かに、以前のピル(中用量・高用量)は乳がん・子宮がん・卵巣がんのリスクが懸念されていましたが、低容量ピルのダイアン35にはには、そんな心配は必要ありません。
むしろ、大腸がんについて発生リスクを低下させることが確認されています。

 

ある調査では、過去に服用経験のある場合は、服用したことがない場合に比べて20%大腸がんのリスク低下がみられ、現在服用中の場合はこの数値よりもさらにリスクを低下させると言われています。
さらに、うれしいことに、ピルを半年以上飲み続けていれば、ピルを止めたあとでも効果が続きます。

 

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの女性ホルモンが含まれています。
よってホルモンバランスがよくなり、卵巣がんや子宮体部がんの発祥率の低下にも効果があると考えられています。

 

このように、ダイアン35には、がん発症のリスクではなくがんを予防する効果があるのではないかという期待もされているのです。