ダイアン35 個人輸入

女性化に人気のダイアン35の効果と飲み方

ダイアン35は女性ホルモンである卵胞ホルモンと、抗男性ホルモン(男性ホルモンを抑制する働きをするもの)を混ぜた複合剤です。
本来の目的としては女性が避妊薬として利用する他、女性の体内にも僅かですが生成される男性ホルモンを抑える事により、にきびを改善したり脱毛症を改善したりする効果があります。

 

これを男性が服用すると、脱毛に関する効果は認められませんが、含有する二つのホルモンの効果により、男性的な部分が徐々に退化し、胸が隆起し骨盤廻りやお尻などに脂肪が蓄えられ、丸みを帯びた女性らしい体つきに変化していきます。

 

にきびに効くという効果の通り、皮脂を抑制し肌を綺麗にする効果も期待出来ます。
服用は通常1日1錠とされますが、元々女性ホルモンの無い男性が服用する際には、大目の2錠ないし3錠を一日に自分なりのリズムを決め、分けて服用するのが効果的だとされています。

 

MTF・女性化への効果

ダイアン35の主成分はサイプロトロン酢酸塩(酢酸シプロテロン)ですが、この成分は強力に男性ホルモン(アンドロゲン)の作用を抑制する効果があります。
男性ホルモンの影響が強くでる、男性らしい体つき、多毛・剛毛・男性ホルモンが原因による脱毛をダイアン35が男性ホルモンの作用を抑えるので効果的に抑制します。

 

また、ダイアン35にはエストロゲンである「エチニルエストラジオール」も含有されています。
エチニルエストラジオールは、強力な女性ホルモン薬です。

 

サイプロトロン酢酸塩(酢酸シプロテロン)成分だけで作られたお薬シテロンは男性ホルモンが原因で起こる前立腺がん治療にも用いられるほど強力な男性ホルモン抑制剤です。

 

 

↓シテロン(サイプロトロン酢酸塩/酸シプロテロン50mg)50錠入り最安4,278円↓」

 

性同一生涯の治療や女性化を目的としてダイアン35を何錠も服用されている方がいらっしゃるのなら
シテロンを必要な量だけピルカッターで裁断して服用する方が価格的にはお得です。

 

>>シテロン(Siterone)50mgの詳細はこちら<<

 

 

ダイアン35は、サイプロトロン酢酸塩/酸シプロテロンは2mgなのでシテロンに比べると少量ですが、体への負担を軽くながら女性化を求める方にはダイアン35がMTFの支持率として高いようです。

2017/4/5時点でシテロンは取り扱い中止になっています。
現在はアンドロキュアージェネリックがあります。

 

 

>>アンドロキュアージェネリック50mg50錠の詳細はこちら<<

 

 

 

 

男性が服用した場合の副作用

・筋力、体力の低下(女性らしい身体つきに変化する→筋肉が脂肪に変わる為)
・太る。代謝が悪くなる為、服用前の食生活を続けると体重が増加する可能性がある。
・長期間服用した場合、精子を作る機能が衰退し精巣も萎縮する。
・倦怠感、無気力(男性ホルモンの低下によるもの)
・眠りが浅くなる。昼間眠くなる。
・長期間の服用により、血栓症や乳がんにかかるリスクが増える。

 

※男性がダイアン35を服用する事により精巣に損傷を受ける事を避けられません。
精巣が損傷を受けてる為、当然、精子も損傷を受けてしまい精子の奇形が起こり、
その奇形のある精子が運よく受精しても高確率で胎児にも奇形が出てしまう可能性があります。
男性が服用する場合、しっかり納得・覚悟をした上で服用を始めて欲しいと思います。

 

ピルで女性化は可能か?

性同一性障害の男性が身体的に女性に近づきたいと思ったとき、まず考えるのは女性ホルモンを摂取することです。
女性ホルモンを体内に取り込めば、少しずつではありますが、女性らしい体に近づくことができるからです。
そこで女性ホルモンを摂取するには何があるかというと、実はピルなんです。

 

ピルと言えば、女性が避妊用に服用するイメージがあるかもしれません。
また、女性の体内に含まれる男性ホルモンを抑制する効果がありますので、にきびをなくしたり、脱毛症の治療などで使われたりもしています。
しかし、この男性ホルモンを抑制する効果を利用して男性が服用する場合もあるのです。
つまり、女性化ということです。
極端な効果を望むことは難しいですが、徐々に女性らしい体つきに変化すると言われています。

 

女性化

 

オネエ・おかまなどTV番組で活躍されている方のおかげで今ではカミングアウトを以前よりしやすくなった、体は男性でも心は女性の方々は性同一障害(MTF/GID)としても認知されています。

 

そのような男性が多くの女性ホルモンを摂取することでより女性の体に近づくことができます。
そこで人気があるのがダイアン35です。

 

もともとは低ホルモン避妊薬のピルですが、ダイアン35は他のピルと比べると女性ホルモンの含有量では他の避妊薬と変わらないのですが男性ホルモンを抑制する効果があるため女性化のホルモン剤として人気があります。

 

女性化にダイアン35が人気がある理由

女性化については、さまざまな薬がありますが、いくつかのものを併用したり、多量の服薬が必要な場合もあります。
しかし、多くの人たちは、できるだけ手軽に女性化できる方法を望んでいるはずです。

 

ダイアン35にはサイプロトロン酢酸塩(酢酸シプロテロン)とエチニルエストラジオールという卵胞ホルモンの2つの有効成分が含まれています。
サイプロトロン酢酸塩には男性ホルモンの作用を抑制する強力な効果があります。
そのため、からだつきや多毛・剛毛など、男性ホルモンの影響を受けるような男性の特徴を緩和していくことが可能なのです。

 

もうひとつの成分エチニルエストラジオールは女性ホルモンのひとつです。
この成分を男性が服用すると、女性のような丸みを帯びたからだつきになったり、男性機能を抑制する効果があるのです。

 

さらにキメ細やかな肌になったり、髪の毛の質が変わるといったことも起こります。

 

つまり、ダイアン35を服用するだけで、男性ホルモンを抑制しながら女性ホルモンを体内に取り入れることができるというわけです。